richard-mille-pierre-casiraghi-15676

ピエール・カシラギ

ジェントルマン・セーラー

リシャール・ミルのセーラー

ブランドに加わった最初のセーリングパートナーであるピエール・カシラギは、絶えず海と特別な関係を持ち続けてきました。モナコ公女の息子であるピエールは真のジェントルマン・セーラー。アドレナリンを求める新世代のスキッパーというだけでなく、人道支援目的の「セイル・フォー・ア・コーズ(Sail for a Cause)」を後援する人物でもあります。そして何よりも大の時計愛好家であり、たちどころにリシャール・ミルの心をとらえた人物です。

PC-02-e1573563811588

「この時計の構造が気に入っています。それに、コンパスを備えた初めての機械式時計という点も。コンパスは航海では重要なツールなんです。」

ピエール・カシラギ

広大な遊び場

ピエールがリシャール・ミル ファミリーに加入したことにより、RM 60-01 レガッタのテストを行う絶好の機会が生まれ、同モデルが海水という過酷な環境にも完璧な耐久性を示すことが証明されました。

比類なき航海者

モナコ・ヨットクラブのフラグシップで経験を積み、現在は同社の副社長を務めるピエールは、海洋レースで素晴らしい成績を収めてきました。特筆すべき実績としてパレルモ・モンテカルロ・レガッタのTP52クラスで2つのタイトルを獲得したほか、ジラグリア・カップでは「エシミット ーロッパ32号」、ゴールドカップでは「メルジェス32号」、ケープ・トゥ・リオでは「マセラティ号」で優勝を飾っています。

2016年にピエールはモナコ・ヨットクラブの支援のもと自らのセーリングチームを結成、新世代のカタマランヨット「マリッツィア号」を操り、GC32クラスのレースに参戦。他の船艇によるレース参戦も継続しており最近では、グローブシリーズの{280}初戦に新世代型の60フィート単胴艇「マリッツィア II号」で参加。「トランサット・ジャック・ヴァブル」大西洋横断レースにはボリス・ハーマンとともに60フィートIMOCA規格レース艇「マリッツィア II号」で出場したことは大きな話題となりました。

2019年、ピエールは第10回リシャール・ミル セントバーツ・ヨットレースのアンバサダーを務め、「マキシ 72 ソルシャ号」の舵を取りました。同レースではマキシ1のカテゴリーで優勝し、リシャール・ミル マキシ・カップを手中に収めています。

287_RenaudCorlouer

「この時計の構造が気に入っています。コンパスを備えた機械式時計とは初めて出会いました。コンパスは航海では重要なツールなんです。」

ピエール・カシラギ

226_RenaudCorlouerV2