RM 40-01

オートマティック トゥールビヨン マクラーレン スピードテール
RM 40-01watch cover
RM 40-01
11679-McLarenSpeedtailconcludeshigh-speedtesting

自然界に存在するフォルムからインスピレーションを受け、空力学的に最も効率的なティアドロップ形フォルムのスピードテールは、流線形スーパーカーの真骨頂で、マクラーレン アルティメット シリーズ第3弾の3人乗りのグランドツアラーです。

スピードテールは1,070馬力のハイブリッドパワートレインを搭載し、最高速度250mph/402kphを記録する、これまでのマクラーレンで最速のロードカーです。マクラーレンの空気力学に対する絶え間ない探究が、RM 40-01 オートマティック トゥールビヨン マクラーレン スピードテールの設計の出発点となりました。




マクラーレン・オートモーティブのデザインディレクター、ロブ・メルヴィルは、2つのブランドが理想的なパートナーである理由を、RM 40-01が見事に体現していると述べています。 「リシャール・ミルとマクラーレンは、軽量化すること、振動の影響を減らすこと、抵抗を最小限にすること、など様々な問題に取り組む姿勢に多くの共通点があります。RM 40-01の設計に際し、スピードテールの特徴とその背後にあるフィロソフィーを共有するべく、多くの情報を提供しました。 スピードテールにおいては、芸術作品のようなクオリティを持つ車の製造を目指していました。それはRM 40-01にも確実にあらわれています。妥協のないデザインや素材、仕上げにおいて、スピードテールの様々なディテールを本当に美しく反映しています」
L1020969

RM 40-01 オートマティック トゥールビヨン マクラーレン スピードテール

特別にカスタマイズされた史上初のムーブメント

このような並外れたケース構造にもかかわらず、リシャール・ミルのテクニカルディレクター、サルヴァドール・アルボナは、利用可能なすべてのスペースを余すところなく使い、非常に洗練された時計の「エンジン」であるムーブメントを作り上げました。これにより、RM 40-01は、スーパーカーのスピリットを受け継いだスピードテールの理想的なパートナーとなりました。

グレード5チタンは、ブリッジ、ブリッジネジ、地板、ローター芯などの主要パーツに使用されてきました。 RM 40-01のムーブメント CRMT4には、自社製トゥールビヨンでは初めて、パワーリザーブ表示、オーバーサイズデイト、ファンクションセレクターという3つの複雑機構を搭載しています。

このまったく新しいムーブメント構造の開発には8,600時間もの膨大な作業を要し、その多くが極めて高度なディテールの完成のために費やされました。

特別にカスタマイズされた史上初のムーブメント

CRMT4キャリバー

時・分表示を備えた自動巻きトゥールビヨンムーブメント、可変慣性モーメントローター、オーバーサイズデイト表示、パワーリザーブインジケーター、ファンクションセレクター

106本の限定エディション
calibre40-01

パワーリザーブ

約50時間 (± 10%), 9時位置に遊星差動歯車機構によって表示されるインジケーター
PWR-40-01

グレード5チタン製の地板とブリッジ

地板とブリッジにはエレクトロプラズマ処理を施したマイクロブラスト加工のグレード5チタンを使用したため、地板とブリッジに優れた硬度が得られ、表面は完全に平らに仕上げられています。これにより、輪列の極めてスムーズな動作が確保されます。

スケルトン加工を施した地板とブリッジは、個々に徹底した検証テストを経て、最高の強度条件を満たしています。
WhatsApp-Image-2020-12-03-at-14.58.25-(1)
RM 40-01

オーバーサイズデイト表示

日付は12時位置の窓に横長に設置され、スケルトン仕様の2枚のカレンダーディスクによって白地の背景に日付を表示。日付が変わる際は、ほぼ瞬間的に切り替わります。日付は8位置のプッシュボタンで簡単に調整できます。

ファンクションセレクター

自動車のギアチェンジさながら4時位置に設置されたプッシュボタンを押すと、「ニュートラル」、「巻き上げ」、および「設定」のいずれかのモードを選べます。
3時位置にある表示窓に、N(ニュートラル)、W(巻き上げ)、H(時刻合わせ)のうち、選択した機能が表示されます。

可変慣性フリースプラングテンプ

究極のイノベーションを象徴するテンワ。衝撃を受けた場合やムーブメントの組み立てと分解の際に、より高い信頼性を約束し、長期間にわたり優れた計時精度を保証します。

緩急針はなく、テンプに直接取り付けられている4つの調節可能な小型のウェイトにより、正確で反復可能な調整が可能です。

可変慣性フリースプラングテンプ

可変慣性モーメントローター

- プラチナ製ローター
- グレード5チタン製コア
- 錘の一部にレッドゴールドを使用
- ブラックPVD加工を施したガイドレール
- セラミックス製ボールベアリング
- セラミックス製ボールベアリングを使用したOneWay®自動巻きシステムと反転システム機構
- 両方向巻き上げ方式

可変慣性モーメントローターは、ユーザーの使用環境に合わせて巻き上げ効率を調整できます。ウェイトは正しい位置にスライドさせて2つのスプラインネジで固定できるようになっており、設定の変更はこのウェイトの調整を通じて行います。ムーブメントの慣性はウェイトが外端に位置する時に最大となり、香箱がより早く巻き上がります。ウェイトがローターの中央に位置すると慣性が減少し、香箱はゆっくりと巻き上がります。
geometryrotorRM40-01_BACK_BB

ムーブメントの特徴

- ムーブメントのサイズ:30.48mm x 35.35 mm
- 厚さ:6.81 mm
- 石数:37
- テンプ:CuBe(ベリリウム銅)製、4アーム型、4個の調整ネジ、慣性モーメント7.5mg•cm2、リフトアングル50º
- 振動数:28,800振動/時(4 Hz)
- ヒゲゼンマイ:AK 3
- 耐震装置:インカブロック 908.22.211.100(透明)

ムーブメントの特徴

ハイパーカーからハイパーウォッチへ

テクニカルディレクターのジュリアン・ボワラが率いるリシャール・ミルの外装開発チームは、18ヵ月にわたり、過去最長となる2,800時間をかけて、完璧なフォルムを完成させました。 スピードテールと同様に、ウォッチのフォルムもティアドロップを模しています。ベゼルの刻み目がボンネットの吸気口を、プッシュボタンがフロントホイールの後ろにある排気口を彷彿させます.

「スピードテールのティアドロップのフォルムからインスピレーションを得ただけでなく、既存のリシャール・ミルとマクラーレンの各部位をシームレスに組み合わせるという課題にも直面しました」

「このウォッチは、リシャール・ミルで最高レベルの仕上げを施しています。 面取り加工職人や研磨職人とも多くの研究開発を行いました。さまざまなパーツの鏡面仕上げ、ブラスト仕上げ、サテン仕上げ、およびチタンとカーボンTPT®の組み合わせなど、ディテールへのこだわりは格別です。ケース自体は69個のパーツで構成されています」テクニカルディレクター ジュリアン・ボワラ

かつてないほど複雑なデザインのため、最適な形状が得られるまでに5つの試作品が制作されました。課題は6時側よりも12時側のケース幅がはるかに広いことでした。カーボンTPT®製のミドルケースと長さの異なるチタン製ピラーによって分離されているチタンベゼルとケースバックの間は、テーパーを施しています。

ハイパーカーからハイパーウォッチへ

ケース

この時計の設計と製作には、ムーブメント、ケースおよびダイヤルのコンセプトに関する包括的なアプローチが反映されています。つまり、全てが非常に厳密な仕様に基づいて構築されているのです。例えば、ケーシングリングは用いず、ムーブメントは、チタン製ネジで固定したシャシーのマウントラバー(ISO SW)に取り付けます。

ベゼルとケースバックにはグレード5チタンを、ミドルケースにはカーボンTPT®を使用しています。カーボンTPT®は数百枚のカーボンファイバーシートを積層して得られる優れた素材で、自動工程により各層間で横糸の方向をずらして積み重ねることで、独特の質感を発揮します。そして、航空機部品の製作に使用されるものと同様の高圧窯で120°Cにて加熱成形された素材を、リシャール・ミル社内で機械加工します。

3層構造のケースには2つのニトリル製O-リングガスケットが使用され、50mの防水機能を保証します。ケースの組み立てには、12本のグレード5チタン製スプラインネジと、316Lステンレススティール製の耐摩耗性ワッシャが使用されます。
RM40-01_doublePROFIL_BB

ストラップ

ストラップもユニークなデザインで、上下非対称になっています。ラバーバージョンにはBiwi社のVulcolor®テクノロジーが採用されています。これは、カラーラバーを成型加工することができる特殊なプロセスです。これにより、ムーブメントの6時位置にあるマクラーレンのアイコンであるオレンジのアクセントカラーを手首までまっすぐにつなげることを可能にしています。
RM40-01_strap_BB

仕上げ

その他の特徴