richard-mille-rm-011-automatic-chronograph-felipe-massa-45325
2007

RM 011

オートマティック フライバック クロノグラフ フェリペ・マッサ

キャリバー RMAC1

スケルトン構造の自動巻きムーブメント、可変慣性モーメントローター、時・分・秒表示、フライバッククロノグラフ、60分カウントダウンタイマー(9時位置)、12時間積算計、オーバーサイズデイト、月表示

richard-mille-rm-011-automatic-chronograph-felipe-massa-45670
richard-mille-rm-011-automatic-chronograph-felipe-massa-43916

2007年、リシャール・ミルはフェリペ・マッサと協力開発した新たな時計を発表しました。F1ドライバーのフェリペにちなんで名づけられたRM 011は、トラックに出たF1レーシングカーに最高の性能を発揮させる高度なエンジニアリングからヒントを得ています。

デザイン、素材、ディテール、ムーブメント、抜群の順応性など、RM 011はあらゆる点でリシャール・ミルの特色を体現しています。ケースにはベゼル、側面およびケースバックがカーブを描いた、リシャール・ミル特有のトノー型ケースを採用しました。

richard-mille-rm-011-automatic-chronograph-felipe-massa-45684

この時計の内部には、他に類を見ない究極のムーブメント、可変慣性モーメントローターを備えた自動巻クロノグラフキャリバー RMAC1が収められています。そして、計測を停止することなくクロノグラフ針をゼロにリセットできるフライバック クロノグラフ機能、カウントダウン機能、およびオーバーサイズデイト表示のアニュアルカレンダーを搭載。

richard-mille-rm-011-automatic-chronograph-felipe-massa-45677

RM 011は、リシャール・ミル ブランドの基盤となっているレーシングカーからのインスピレーションを形にしたタイムピースです。例えば、チタン製ムーブメントを採用、サイレントブロックを介して高い剛性を持つケースに取り付けられています。また、滑り止めのリブ仕上げが施された空気力学的デザインのプッシュボタンや、
車輪のリムを囲むスリックタイヤをイメージしたリューズが配置されています。

RM011-Profil

さらにリシャール・ミルでは、素材に関する入念な技術開発を専心しています。RM 011には、チタン製モデル、ゴールド製モデルの他に、ブランド独自の素材としてセラミックス、カーボンTPT®、シリコンナイトライド、そしてレッドクオーツTPT®を用いたモデルがあります。これらの特別な素材は、フィリップ・スタルク モデルや、ル・マン・クラシック モデル、ロータスF1 チーム モデル、RM 011に多くのインスピレーションをもたらしたドライバーに捧げたフェリペ・マッサ モデルなど、これまで製作された多くの限定モデルに採用され、優れた特性を発揮してきました。

bloc360_RM011_d01
getImageAlt('', item.acf.hero.image)
RM 015
トゥールビヨン デュアルタイムゾーン
getImageAlt('', item.acf.hero.image)
RM 012
トゥールビヨン
ネクスト