DPPIPRODUCTION_00000892_0019

マクラーレン・レーシング

グランプリで最も成功した名門チームとの10年にわたるパートナーシップ

頂点

グランプリレースの世界で過去50年以上イノベーションを起こし続け、レースの頂点に立ち続けるブランドがあるとすれば、それはマクラーレンでしょう。絶え間ない技術革新やディテールへの念入りな配慮で有名な百戦錬磨のマクラーレンは、リシャール・ミルの哲学と完璧にマッチします。この2つのブランドは、最新のテクノロジーや最先端のデザイン、そして精密工学に対する情熱を共有しています。 こうしてマクラーレンとリシャール・ミルは10年間のパートナーシップを締結しました。

undefine

「マクラーレンとパートナー契約を結ぶチャンスは、実にタイミングよく訪れました。リシャール・ミルは数年間、限られた範囲でF1の評価をしてきましたが、この好機をきっかけに、マクラーレンチームに特別焦点を絞り、全力を注ぎながら、より密接に有意義な形でF1に関わることになったのです。」

リシャール・ミル

DPPIPRODUCTION_00000892_0029

革命

マクラーレンは、リシャール・ミルにとって最適なパートナーです。というのも、マクラーレンは1981年、F1マシンにオールカーボンファイバー製のモノコックを導入した最初のコンストラクターだったからです。つまり、テクノロジーによってスポーツに革命がもたらされたのです。それから数十年後、今度はリシャール・ミルが同じ技術のカーボンナノファイバーを地板へ採用することに成功しました。

卓越

マクラーレン・レーシングはグランプリでの勝利とワールドチャンピオンの獲得を唯一無二の使命としています。この使命を果たすために、技術者たちはレースに勝てるF1マシンを設計、製造、運用し続ける必要があります。 その上で要求されるのは集中力、野心、想像力、執念、ディテールへの細やかな配慮、すなわち卓越性に他なりません。 RMブランドとマクラーレン・レーシングに共通するこうした技術や設計へのこだわりが両者を共同開発に導いているのです。

DPPIPRODUCTION_00000892_0027-1

比類なき記録

マクラーレンとのコラボレーションが最初に実を結んだのが、2017年に発表されたRM 50-03です。 リシャール・ミルとマクラーレンF1はマンチェスター大学との共同開発で、最先端のグラフェン研究と精密工学を融合させた世界最軽量の機械式クロノグラフを誕生させました。
このコラボレーションは今後も高級時計の限界を押し広げ、リシャール・ミルのエンジニアたちの手によってさらに複雑で革新的な最先端デザインが生み出されることでしょう。