richard-mille-johannes-thingnes-bo-21641

ヨハネス・ティングネス・ベー

精度、タイミング、的確性

自分自身の夢

同じくトップレベルのバイアスロン選手である兄のタリエイと共に生まれ故郷ノルウェーの山々の頂をスキーで巡っていた少年時代、ヨハネス・ティングネス・ベーの夢はバイアスロンでオリンピック金メダルを取ることでした。 兄弟二人とも、ヨハネスがバイアスロン世界大会の表彰台のトップに上り詰めるとは思ってもいませんでした。 ヨハネスは2018年、25才の時に平昌で3個におよぶ念願のメダルを獲得。20kmでほぼ完ぺきな滑走を実現し、個人種目で初の金メダルに輝き、自身の夢を叶えました。

以来、ヨハネスはさらに強く、進化を続けています。バイアスロン選手として常に最高のパフォーマンスに狙いを定めるヨハネスは、数シーズンにわたってクリスタルグローブ、そしてW杯、と 勝利と記録を更新しています。
2020年、ティングネス・ベーはパシュート競技で4位につけ、自身2度目となるW杯の総合タイトルを獲得しました。

richard-mille-johannes-thingnes-bo-21634

複合的な競技

バイアスロンは、クロスカントリースキーとライフル射撃という大きくかけ離れた2種目を組み合わせた独自の競技です。双方とも、高度な集中力が求められます。競技者は一瞬でターゲットを狙い定める的確性と、長距離耐久力とを併せ持っていなければなりません。照準を定める際にほんの少し精彩を欠くだけでペナルティにつながり、スキー滑走で稼いでいたポイントがあっという間に消えてしまいます。「1レースのこの地点での平均心拍数は180bpmです。スキーで速く滑走することに加え、50メートルの距離から小さな標的5つを射撃しますが、落ち着いて、外界をシャットアウトする能力が選手には必要です。精度、タイミング、的確性がカギになります。引き金を引くのが100分の1秒速いか遅いかで、成功か失敗かの差となるのです。」

richard-mille-johannes-thingnes-bo-21635

「開発とイノベーションは、スポーツでも時計製造でも、可能な限りの最高レベルに達するためのカギとなる要因です。RM 67-02は手首にぴったりフィットするので、皮膚の一部のような感じです。レース中、選手は担いだライフルを4回降ろします。ライフルの操作に干渉しない、ぴったりと着装できるウォッチが求められるのです。軽くてスポーティー、そしてノルウェーのカラーを帯びたこのウォッチを手首に着けると、自然と勇気と意欲が湧いてきます。」

ヨハネス・ティングネス・ベー

couv-akanboi