RM 050

TOURBILLON CHRONOGRAPH FELIPE MASSA

キャリバー RMCC1

手巻きトゥールビヨンムーブメント、時・分・秒表示、スプリットセコンド クロノグラフ、30分積算計、パワーリザーブ表示、トルクインジケーター、ファンクションインジケーター

10本限定
RM050_VUE_1HM
この究極のスプリット セコンド クロノグラフは、各機能の性能が最大限に引き出されており、どんな状況下でも完璧な信頼性と反復性を発揮します。本作の開発では、スポーツ選手のパートナーたちと極限的な状況下で培ってきた実世界での豊富な知識が大きく貢献しました。

2012年に発表されたRM 050 フェリペ・マッサには、ベースのRM 008の長所を保った上で改善を加え、他の追随を許さない水準まで性能を高めた新開発ムーブメントが搭載されています。

RM 050は、決して既存のRM 008ムーブメントに軽い手直しを加えたモデルではありません。リシャール・ミルのエンジニアたちは、ムーブメントの重量を20%軽量化する(10gに相当)ためにありとあらゆる手段を研究し、ムーブメントの総重量をわずか9.5gまでに抑えたのです。
RM050_VUE_1HM2

地板とブリッジには、チタン90%、アルミニウム6%、バナジウム4%で構成される合金グレード5チタンが採用されました。航空宇宙産業や航空産業、自動車産業に普及しているこの合金は、非常に優れた耐食性と剛性を有しています。RM 050の地板としても優れた重量/強度比を発揮し、輪列を完璧に機能させるための理想的な基盤となりました。
キャリバーをさらに開発するために地板とブリッジをスケルトン仕様にし、画期的なムーブメントを設計した結果、キャリバーのためだけに400個以上もの新部品を製作しなければなりませんでした。高速回転バレル、可変慣性テンプ、ファンクションインジケーター、トルクインジケーター、性能を改善させたスプリットセコンド機構は、この類まれなムーブメントの一面でしかありません。
こうした側面に加えて、リシャール・ミルのエンジニアたちは長期的な精度や計時機能を中心に、ムーブメントの性能を限界まで引き上げました。こうして最先端を走る驚くべき腕時計が誕生したのです。

このレベルのムーブメントには相応の保護が必要とされるため、エンジニアたちはケースにも大変な注意を払いました。ケースに採用されているのはカーボンナノチューブを注入したポリマー複合材。
カーボンナノチューブは、並外れた耐久性をもつ(スチールの200倍)、軽量性に優れた素材です。ナノチューブは独特な構造と形状、そして優れた体積あたりの表面積をもつことから、カーボンファイバーよりも著しく高い衝撃吸収能力を誇ります。
RM050_VUE_2HM
RM 050  360 view